研究プロジェクト

 奥山研では,所属院生と教員(奥山)が共同で研究プロジェクトを進めています。博士後期課程在籍の院生が中心ですが,修士在籍中に参加することで,早い段階で研究能力の向上に役立てています。プロジェクトは,最終的に論文として公表することを目的にしています。執筆は,担当院生による単著,教員との共著,院生同士の共著など,様々です。

動学マクロ分析(Dynamic Programming & Macroeconomics)

2008年度担当:宇都宮仁, 2009年度担当:宇都宮仁,山澤浩司, 2010・2011年度担当:宇都宮仁

メカニズム・デザイン,ゲーム理論

2008・2009年度担当:我妻靖