UNIX入門:2. ファイルシステム (File System)

2.1. ファイルの種類

 UNIX では,入出力がすべて「ファイル」間で行われていると考えます。しかしながら,便宜上,次の3種類に分けるのが慣例です。

今後は「ファイル」といった場合,ディレクトリや標準入出力以外の「通常の」ファイルとします。

* ディレクトリやターミナルを「ファイル」と考えるのは,ユーザの側からは屁理屈のようにも感じるかもしれませんね。ただ,開発者にはそういった発想が必要です。理想・理念とその理論の探究なくして,UNIX のような素晴らしい OS は出来上がらなかったかもしれません。

2.2. ディレクトリ構造

 ディレクトリの中に他のディレクトリがあるといった具合に,ディレクトリは階層構造をなしています。各ファイルやディレクトリがその階層構造のどこに位置するのか,その表現方法を見ましょう。

2.3. 作業ディレクトリと個人用のディレクトリ

 UNIX はマルチユーザ型なので,各ユーザは個別のディレクトリをもち,その中で作業することになります。