ミクロ経済学:シラバス

[前期](新)ミクロ経済学A (旧)現代経済学応用A

【授業のテーマ】
 現代経済学には「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」の2つの基礎理論群があります。本講義では,その中でも,「ミクロ経済学」について,初中級レベルの内容を学習します。
 「ミクロ経済学」は,消費者,生産者(企業),個別商品の市場といった最小単位での経済活動に焦点をあてながら,最終的にはすべての主体と市場の活動まで分析する現代経済学の基礎理論群になります。様々な応用分野の基礎にもなっています。

【授業の到達目標】
経済学の専門用語,問題意識・理論への理解,現実問題への応用

【授業の概要と方法】
 毎回,テーマ,問題意識を示し,そのテーマ・問題意識を解くための分析方法と,テーマへの答えを講義します。どのようにすれば分析できるのか,そして,その分析道具からどのような答えが得られるのか,興味を持ちながら受講してください。ほぼ毎回,復習のための練習問題を解き,それまでの内容の確認と学力の定着,そして,応用力を身につけて行きます。

【授業計画】

テーマ 内容
1 イントロダクション 「ミクロ経済学」の問題意識と体系
2 市場の機能と政府の役割:部分均衡分析(1) 買手の意思決定と需要曲線,売手の意思決定と供給曲線
3 市場の機能と政府の役割:部分均衡分析(2) 市場均衡,市場取引の特徴
4 市場の機能と政府の役割:部分均衡分析(3) カルドアの補償原理,パレート効率性,厚生経済学の第1基本定理
5 市場の機能と政府の役割:部分均衡分析 (4) 価格規制・数量規制,厚生経済学の第2基本定理
6 市場の機能と政府の役割:部分均衡分析 (5) 課税の効果:従量税&従価税,補助金の効果
7 消費者 (1) 選好 序数的効用,選好順序
8 消費者 (2) 無差別 選好順序,無差別曲線
9 消費者 (3) 選好順序と効用関数 選好順序の実数値関数表現:効用関数,選好と主観的交換比率
10 消費者 (4) 予算制約内効用最大化 予算制約,消費者の選択,普通需要関数
11 消費者 (5) 価格・所得変化の効果 価格変化の効果,所得変化の効果
12 消費者 (6) 代替効果,所得効果 (1) 代替効果,所得効果
13 消費者 (7) 代替効果,所得効果 (2) 補償需要曲線,スルツキー方程式,ギッフェン財・交差効果【粗代替財】【粗補完財】の決定要因
14 需要と供給:まとめ 市場の役割・機能,政府の限界
15 消費者の理論:まとめ 普通/補償需要曲線,ヒックス分解

【授業外に行うべき学習活動(準備学習等)】
(事前準備)参考書の指定箇所を事前に読みましょう。
(事後学習)指定の練習問題について,解答しましょう。

【テキスト】
特に指定しません。
*研究室HPに講義ノートを掲載予定

【参考書】
[0]奥山利幸『ミクロ経済学』白桃書房
[1]奥野正寛『ミクロ経済学入門』日経文庫
[2]奥野正寛編『ミクロ経済学』東京大学出版会
[3]スティグリッツ『ミクロ経済学』東洋経済新報社
[4]武隈慎一『ミクロ経済学』新世社

【成績評価基準】
理解:80%,応用力20%
(練習問題50点,期末試験50点,合計100点満点)

【学生による授業改善アンケートからの気づき】
後半の方が難しいとのことで,後半部分の練習問題の解答・解説を増やすよう努力します。

[後期](新)ミクロ経済学B (旧)現代経済学応用B

【授業のテーマ】
 春学期「ミクロ経済学A」に続き,「ミクロ経済学」について初中級レベルの内容を学習します。
 春学期「ミクロ経済学A」では,部分均衡分析における市場の役割・機能と消費者の理論について学びました。秋学期「ミクロ経済学B」では,消費者の理論をベースに,先ず,純粋交換経済での均衡と経済厚生を学びます。そのあと,生産者の理論を学び,最後に生産経済での均衡と経済厚生を見ます。

【授業の到達目標】
経済学の専門用語,問題意識,問題意識を解明するための既存理論への理解,理論の現実問題への応用

【授業の概要と方法】
 毎回,テーマ,問題意識を示し,そのテーマ・問題意識を解くための分析方法と,テーマへの答えを講義します。ほぼ毎回,復習のための練習問題を解き,それまでの内容の確認と学力の定着,そして,応用力を身につけて行きます。

【授業計画】

テーマ 内容
1 イントロダクション 「ミクロ経済学」の問題意識:春学期A vs. 秋学期B
2 交換経済(1) ワルラス均衡 実行可能な資源配分,消費者の主体的均衡,ワルラス均衡
3 交換経済 (2) コア エッジワースの均衡分析,コアの収縮と極限定理
4 交換経済 (3) 効率性 (1) 個人合理性,パレート効率性,厚生経済学の第1基本定理
5 交換経済 (4) 効率性 (2) 厚生経済学の第2基本定理
6 生産者 (1) 技術 生産関数,生産性,等量曲線,規模に関する収穫
7 生産者 (2) 費用 費用の概念,総費用曲線,短期総/長期総費用曲線の関係:包絡線
8 生産者 (3) 単位当たり費用の構造 単位当たり費用の概念,単位当たり費用の構造,短期 vs. 長期
9 生産者 (4) 利潤最大化と供給活動 利潤最大化,生産物の供給曲線,利潤最大化行動vs.費用最小化
10 生産経済 (1) ワルラス均衡 私的所有経済,生産経済の一般均衡:ワルラス法則,ワルラス均衡
11 生産経済 (2) 効率性 (1) 生産フロンティア,利潤最大化行動と生産の効率性
12 生産経済 (3) 効率性 (2) パレート効率性:交換経済 vs. 生産経済,パレート効率性の必要条件
13 生産経済 (4) 効率性 (3) 生産経済の厚生経済学の第1基本定理
14 生産者の理論:まとめ 短期 vs. 長期
15 生産経済:まとめ 生産フロンティア,厚生経済学の第1基本定理

【授業外に行うべき学習活動(準備学習等)】
(事前準備)参考書の指定箇所を事前に読みましょう。
(事後学習)指定の練習問題について,解答しましょう。

【テキスト】
特に指定しません。
*研究室HPに講義ノートを掲載予定

【参考書】
[0]奥山利幸『ミクロ経済学』白桃書房
[1]奥野正寛『ミクロ経済学入門』日経文庫
[2]奥野正寛編『ミクロ経済学』東京大学出版会
[3]スティグリッツ『ミクロ経済学』東洋経済新報社
[4]武隈慎一『ミクロ経済学』新世社

【成績評価基準】
理解:80%,応用力20%
(練習問題50点,期末試験50点,合計100点満点)

【学生による授業改善アンケートからの気づき】
積み上げになっていますので,復習用の練習問題の解答・解説を多めにして行く予定です。