現代経済学入門:第8回講義ノート

2014年6月4日 水・1[新]現代経済学入門[旧]現代経済学基礎

マクロ経済学 (4):ケインジアンの乗数理論

[今日の内容]
1 投資乗数
2 乗数波及効果
[今日の問題意識]
「有効需要の原理」を想定しよう。前回講義における投資の増加の効果には,何かしらの法則があるのであろうか?
[キーワード]
投資乗数,乗数波及効果

1 投資乗数

前回講義 2.2「考えてみよう!」】

●投資乗数

[ファクト8.1]次のマクロ経済の均衡GDP水準と投資乗数
 $C = a + bY$ ($a > 0$, $0 < b < 1$)
 $I = I_0$ ($I_0$:正の定数)
 (均衡GDP水準) $Y = \frac{a + I_0}{1-b}$
 (投資乗数) $\frac{\Delta Y}{\Delta I} = \frac{1}{1-b}$

2 乗数波及効果

<数値>
段階 $\Delta C$  $\Delta I$  $\Delta E$  $\Delta Y$ 
1



2



3



4



.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

 $\Delta Y$ の総和 $= 20 + 0.8 \times 20 + 0.8^2 \times 20 + 0.8^3 \times 20 + 0.8^4 \times 20 + \cdot\cdot\cdot$
      $= \frac{1}{1-0.8} \times 20$
      $= \frac{1}{1-0.8} \times \Delta I$

<図説>
Fig7.2