現代経済学入門:第20回講義ノート

2014年10月15日 水・1[新]現代経済学入門[旧]現代経済学基礎

ミクロ経済学 (5):生産者 (1) 技術の構造

[今日の内容]
1 前回「例題19.1」の解答・解説
2 生産者の理論:問題意識
3 技術の表し方:生産曲線
4 生産性
5 例題
[今日の問題意識]
消費者の理論では,エンゲル曲線や需要曲線を導出した。生産者の理論では,どのような問題意識をもちつつ,何を導き出すのであろうか。
[キーワード]
生産要素(投入物),生産物(産出物),技術,生産可能性,生産曲線,平均生産性(平均生産物),限界生産性(限界生産物)

1 前回「例題19.1」の解答・解説

2 生産者の理論:問題意識

3 技術の表し方:生産曲線

●生産要素(投入物)

●生産物(産出物)

●生産曲線

[例20.1]リンゴの木を10本所有しているあるリンゴ農家の年間 L単位の労働とリンゴの産出量(年間10 y kg)の技術的関係が,次の通りであったとしよう。
  L 0 1  2  3  4  5  6  7
  y 0 10 22 36 44 50 54 56

【考えてみよう!】
(1) 生産要素は,何であろうか。
(2) 生産物は?
(3) 生産曲線を図示してみよう!
(4) 生産可能な範囲を図示してみよう!

4 生産性

●労働の平均生産性(平均生産物)(Average Productivity of Labor, Average Product of Labor, APL

●労働の平均生産性曲線

●労働の限界生産性(限界生産物)(Marginal Productivity of Labor, Marginal Product of Labor, MPL

●労働の限界生産性曲線

【ファクト20.1】つぎの(1)と(2)では,
  APL = MPL
が成り立つ:
(1) L → 0
(2) APLの最大値を与える労働量

【考えてみよう!】
例題20.1の農家について,
(1) 年間4単位働くときの労働の平均生産性は,いくらになるであろうか。
(2) それでは,年間4単位働くときの労働の限界生産性は,いくらになるであろうか。
(3) 労働の平均生産性曲線と労働の限界生産曲線を図示してみよう!

5 例題

[例題20.1]あるソフト・メーカーが機械を二台使ったとき,労働量(月間1日あたりL時間)に対しソフトの生産量(月あたり10y個)の技術的関係がつぎのようになっているという。
  L 0 1 2 3 4 5  6  7
  y 0 2 4 6 8 10 10 10
(1) 生産要素と生産物は,何になるであろうか。
(2) つぎを図示しなさい。
 (a) 生産曲線
 (b) 生産可能な範囲
 (c) 労働の平均生産性曲線
 (d) 労働の限界生産性曲線